福永騎手が騎乗停止により安田記念ジャスタウェイの鞍上が未定に。


今年のドバイDFを制覇、世界最高のレーティング評価を受ける等、注目を集めていたジャスタウェイですが、鞍上を予定されていた福永騎手が騎乗停止により安田記念の騎乗が不可能となりました。
G1レースで時期が時期だけに既に予定が決定してしまっている騎手が多く、現時点でも未定となっている模様です。

福永騎手騎乗停止 安田ジャスタ乗れず[サンスポ]
http://race.sanspo.com/keiba/news/20140601/etc14060123030004-n1.html

1日の東京8Rでダノンシンフォニーに騎乗した福永祐一騎手(37)=栗東・フリー=は、最後の直線コースで急に外側に斜行。この影響でピュアソルジャーの進路が狭くなった。レースは到達順位通り確定したが、福永騎手は7日から15日まで9日間(開催日4日間)の騎乗停止が課されている。

中山記念でジャスタウェイの手綱をとった横山典騎手はエキストラエンドに、同様に毎日王冠の鞍上、柴田善騎手もサダムパテックに騎乗が内定している模様です。
関東では成績上位で安田記念に騎乗予定が入っていないであろうとされる田辺騎手、吉田隼人騎手が、関西では池添騎手、武幸四郎騎手等がウワサにあがっています。

大本命視が確実視される馬の鞍上が空白となるもの珍しい事態。一体誰になるのか注目です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)