新着記事

スプリント王ロードカナロアが安田記念参戦へ


高松宮記念を勝ったロードカナロアが安田記念への参戦を表明。
秋まで適鞍がないのが主な理由のようですが、海外の選択肢もある中でマイルの安田記念に挑戦という事になったようです。

ロードカナロアがマイルを走ったのは3歳時、デビューから2戦目のジュニアCだけで1番人気2着という結果でした。
当時の結果は気にする必要はないとは思いますが、その後1400を使って2着、そして1200で快勝してスプリント王にまで上り詰めた経緯はあります。

2走前では久々に1400の阪急杯を使って全く危なげのない勝ち方でしたし、今は距離に対する融通性はある程度はありそうですが、安田記念の行われる東京マイルはどちらかと言えば2000をこなせるくらいの中距離馬の方がいい成績を残しています。
スプリンターが安田記念で好走する例は少ないですが、ロードカナロアは近年のスプリンターの中でも最高クラスの実績を持っていますから、期待はしてみたくなりますね。

“スプリント王”ロードカナロア(牡5・安田)の春のマイル王決定戦GⅠ「安田記念」(6月2日=東京芝1600メートル)への参戦が決まった。

「オーナーと相談したうえで挑戦することになりました。頑張って調整していきます」と安田調教師。
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/135876/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です