新着記事

京王杯SCはダイワマッジョーレが重賞初制覇。安田記念へ


京王杯SC

1着 ダイワマッジョーレ
2着 トライアンフマーチ
3着 ガルボ

今回もシルポートは逃げられず、テンの3Fは33.9というハイペース。それでも雨で稍重になった馬場もあって、あまり後方すぎても届かず中団にいた3頭での決着となりました。

勝ったダイワマッジョーレは先行集団と馬群が切れた後方の集団の先頭でトライアンフマーチと並ぶ形で進め、結果的にここが位置取りとしてはベストでした。
4コーナーでは外目を回す形になりましたが、同じような位置から少し内を回ったトライアンフマーチを捉える事ができたのは充実している証ですね。
東京新聞杯、ダービー卿CTと惜しいレースが続いていましたが、ここで初の重賞制覇、安田記念に向けても非常に楽しみですが、今回で今年4戦目となりこれ以上の上積みはというとあまりないのかもしれません。

2着トライアンフマーチはまたしても重賞を勝てずという事になってしまいました。
道中も位置取りも直線の抜け出し方もかなり良かったと思うのですが、どうしても一息足りませんね。
安田記念はこれで賞金的にギリギリ足りそうな感じではありますが、ダイワマッジョーレには東京新聞杯に続いて先着されていますし、厳しい戦いになりそうです。

3着ガルボは前の集団の最後方につける形から、直線では内目から抜け出しよく踏ん張りました。
やはりこの馬はこういうしぶとさはありますね。
寒い時期しか走らないと言われる馬ですが、今の調子で安田記念なら展開次第にはなりますが少し気になる一頭ですね。

香港マイル以来となったサダムパテックは後方から外を回す形での0.3差7着。
同じように後方から進めた組にもわずかですが負けていますので、特に良いという事ではありませんが、休み明けと馬場を含めた展開、斤量差を考えれば悪くはない結果でしょう。
本番ではもう少し前でのレースになると思いますし、あくまでも本番前の一叩きという印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です