安田記念で買うなら短距離組?中距離組?ロードカナロアは通用するのか


今年の安田記念は実力はあってもマイル実績がないという馬が多く、能力比較が難しくなっています。

スプリント王のロードカナロアは今年の阪急杯で1400mを勝っているものの、その前は10戦続けて1200mを使っている純粋なスプリンターという戦績です。
デビュー2戦目のジュニアCで1600mを使って2着はしていますが、今回の安田記念はそれ以来のマイル戦となります。

同じようにスプリント路線からはサクラゴスペルも参戦。
オーシャンSを勝って高松宮記念4着とスプリント路線では主力の一頭になってきましたが、1600mは1年半前のアプローズ賞(1000万)以来となります。

中距離からはまずショウナンマイティ。
昨年の宝塚記念3着で、前走大阪杯はオルフェーヴルから0.1差の2着。長い距離も合わないようで1800m~2200mでしか3着以内はありません。
1600mに関しては今回が初。東京1600mに近いとされる阪神1800mでは好走しているのでこなせそうな気はしますが、こなせるだけでは安田記念は勝てません。

そしてダークシャドウ。
天皇賞(秋)で2着と4着、JC4着、毎日王冠1着と東京コースが得意で、過去の5勝は全て東京コースです。
こちらも1600mは今回が初めてとなります。エプソムC、毎日王冠と東京1800mの重賞を2勝しているのは心強いですね。

さらにナカヤマナイト。
中山が得意なイメージが強いですが、東京でも共同通信杯を含む2勝しています。
1600mは2歳時のベゴニア賞(500万)を勝って以来となります。1800~2200を多く使われていますが、一番成績がいいのは1800mですので1600mもこなせる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

と、これだけの実力馬がマイルは未知数に近い状況で出てきます。

過去10年の安田記念から、1年以上1600m以上を使っていなかった馬をまとめてみます。前年の安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルCを使っていた馬は除外しています。

1年以上1600m以上を使っていなかった馬
馬名 前走 安田記念
11 ビービーガルダン 高松宮記念
10人気4着
17人気15着
09 トウショウカレッジ 京王杯SC
3人気2着
11人気11着
08 アイルラヴァゲイン 京王杯SC
7人気4着
17人気18着
07 シンボリエスケープ 京王杯SC
9人気2着
17人気17着
03 ビリーヴ 京王杯SC
4人気8着
9人気12着
03 トウショウトリガー 京葉S
8人気5着
18人気16着

人気になっている馬はおらず、今回のロードカナロアの参考にはなりそうもありません。
03年のビリーヴはスプリンターズS、高松宮記念と勝っていますが、勝ち鞍全てが1200mで、直前の京王杯SCでも8着に敗れている事でレース前から厳しいと見られていました。

ただ、過去10年の安田記念で3着以内に入った馬で高松宮記念を使っていたのは09年3着のファリダットのみで、基本的にスプリンターには厳しいレースです。
高松宮記念勝ち馬が同年の安田記念に出走したパターンをまとめてみます。

同年の高松宮記念勝ち馬の安田記念
馬名 高松宮記念 安田記念
09 ローレルゲレイロ 3人気1着 6人気15着
07 スズカフェニックス 1人気1着 1人気5着
06 オレハマッテルゼ 4人気1着 1人気10着
05 アドマイヤマックス 4人気1着 4人気12着
03 ビリーヴ 3人気1着 9人気12着

高松宮記念と安田記念の間に京王杯SCを挟んでいる馬も多いのですが、散々な結果となっていますね。
さらに過去を見てもスプリントG1を連覇しているフラワーパークやトロットスターなども安田記念では厳しい結果になっています。

ただ1つ違う点としては中京が新コースになってから高松宮記念勝ち馬が安田記念に出てくるのは今回のロードカナロアが初めてになりますが、昨年の安田記念には高松宮記念に出走していた馬はおらず、一昨年はジョーカプチーノの5着が最高で、エーシンフォワード、サンカルロ、ビービーガルダンなどは二桁着順に敗れていますので、不利な傾向は大きく変わってはいません。

ロードカナロア、サクラゴスペルについては厳しいデータばかりが並ぶ事になりました。

今度は中距離組を見てみましょう。過去1年以内に1600m以下を使っていなかった馬です。こちらも前年の安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルCを使っていた馬は除外しています。

1年以上1600m以下を使っていなかった馬
馬名 前走 安田記念
12 ローズキングダム 天皇賞(春)
6人気15着
9人気13着
12 ペルーサ 白富士S
1人気2着
8人気18着
04 ツルマルボーイ 産経大阪杯
4人気6着
6人気1着
03 アドマイヤマックス 京阪杯
1人気3着
6人気2着

こちらもサンプル数が少ないですが、04年ツルマルボーイが勝っています。
ツルマルボーイはここまでにG1の2着が三回あり、6歳のここで悲願のG1制覇となりました。
ダンスインザダーク産駒ですし、ローテーションからも今回のダークシャドウとイメージがかぶる部分がかなりありますね。ツルマルボーイの再現となるでしょうか。

03年のアドマイヤマックスはこの時点では新馬戦で1600mを使った後は1800m以上を使われていました。
この安田記念を2着した2年後、05年の高松宮記念を勝つ事になり、その年の安田記念は12着に敗れています。やはりスプリンターになってしまうと安田記念は厳しいのかと思わせる一例ではありますね。

という事で、安田記念で短距離組、中距離組のどちらかを選ぶとすれば過去の成績からは圧倒的に中距離組となります。
中でもダークシャドウはツルマルボーイとローテーションが非常に似ていて、過去データから推せる馬としてはダークシャドウになりますね。

ただ当然マイル路線を中心に使ってきている馬が圧倒的に実績を残していますので、そちらとの兼ね合いという事になります。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)