安田記念はロードカナロアが勝利。スプリント王がマイルも制覇


安田記念

1着 ロードカナロア
2着 ショウナンマイティ
3着 ダノンシャーク

スプリント王ロードカナロアが中団から抜け出し、後方から鋭く伸びてくるショウナンマイティをクビ差抑えての勝利。
1600でも中距離向けの適性が必要とされる東京マイルの安田記念を制した事で今後のレース選びも大きく幅が広がる一戦となりました。

2着ショウナンマイティは想定通り後方からの競馬となり、内枠もなんとか捌けましたが、最後の直線の進路だけ結果的には失敗でした。
まぁやはり後ろから行く馬はそれだけである程度のリスクはありますので、今回の乗り方でこの結果であれば致し方無い負けといったところでしょうか。力は十分見せました。
今後は宝塚記念はパスして秋に備えるようですが、天皇賞(秋)かマイルCSが大目標になってくるでしょう。現時点では有力候補の一頭で間違いないですね。

3着ダノンシャークは外から良い脚を見せ、ロードカナロアを捉えるかという場面もありましたが、ロードカナロアとの接触もあり伸び切れずに3着。
毎回安定して走ってきて少し足りない馬ですが、マイル路線での上位の力は持っています。今回は人気がなさすぎましたね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)