タグ別アーカイブ: カレンブラックヒル

ダービー卿CTはカレンブラックヒルが1年半ぶり復活勝利

ダービー卿CT

1着 カレンブラックヒル
2着 カオスモス
3着 インプロヴァイズ

ただでさえ難解な中山マイルのハンデ重賞が、馬場も稍重となり非常に難解な一戦となりました。

勝ったカレンブラックヒルは、トリップとの先行争いもあってこの馬場としてはやや早めのペースでの先行。
3,4コーナーでは反応も悪く一旦やや下げる形になりましたが、結果的にはこれがちょうどよかった形となり、内から差し返す絶妙な騎乗となりました。
荒れた中山の馬場と位置取り、展開、あとは先に抜けだしたトリップの故障も、カレンブラックヒルに流れが向いたと言ってもいいのではないでしょうか。

無敗でNHKマイルC、毎日王冠を制した快進撃から不調が続き、控える競馬を試すなど紆余曲折をしてきましたので、ここでの復活の勝利は嬉しい1勝でしょう。
今回は色々な要素がハマった感はありますが、復活のきっかけになる可能性はありますね。

2着カオスモスは不利と言われる中山マイルの大外16番からの2着。
ただコース形態としては確かに不利ですが、今の馬場を考えるとそこまで不利ではなかったのかもしれません。
決め手は足りなくてもしぶとい競馬を常にできるようなタイプは、こういう馬場のこういうレースでは強いですね。

3着インプロヴァイズは中団やや後方から、ずっと掛かりながらの競馬になりましたが、4コーナーでも抑えなくてはいけない程で手応えは抜群。
直線でも進路がなくなり無理やりこじ開けるような形となり、どうにか3着までこれたという印象です。スムーズなら勝つまであったかもしれません。
中山マイルが本当に合っている印象で、今後についての判断は難しいですが、このレースは勝ちに等しい評価をしても良さそうです。

1番人気で5着のコディーノは馬場の影響もあるのでしょうが、ちょっと難しい状況になってしまいましたね。
現状ではなかなか勝ち切るイメージができません。どこかできっかけを作れればといったところでしょう。

2番人気で14着のレッドアリオンは出遅れから掛かってしまって、直線でも前が詰まる、と全くレースになってませんでしたね。
ここは度外視で次以降に改めて期待でしょう。

あとは直線で急減速したトリップはゴールはしましたが、左前浅屈腱不全断裂との事。
勝てていたのではないかという手応えでしたし、復帰できるかどうかという重傷で非常に残念ですね。

マイラーズCはグランプリボスがハイペースを差し切る勝利。カレンブラックヒルは4着

マイラーズC

1着 グランプリボス
2着 サンレイレーザー
3着 ダノンシャーク

タイキパーシヴァルが出足良くハナを主張した為シルポートが逃げられない意外な展開ちなりましたが、シルポートが逃げられないペースですから当然速く、後方の馬が有利なレース展開になりました。

勝ったグランプリボスは中団外からそのまま外を回していく形になりましたが、この日の京都は開幕週ながら特に内有利な傾向もなく、きっちりと伸びきって快勝という結果でした。
休み明けの実績もなく、ムラ駆けの印象が強い馬ですが、昨年の安田記念、マイルCSをともに2着した馬が5番人気はちょっと甘く見られすぎた感がありますね。
かといってこの結果を受けて安田記念でも素直に信用してもいいものかというと、ちょっと悩んでしまう馬でもあります。

2着のサンレイレーザーは先行して粘り強いというイメージでしたが、今回はスタート直後こそ押していったもののすぐに控えて後方からの競馬。
和田騎手のペース判断なのか、シルポートをはじめ先行馬が揃っていて人気の中心も先行馬のカレンブラックヒルですから速くなるケースも想定していたのかもしれませんね。
グランプリボスの後ろを回って直線では大外から見事な末脚でした。
今後どういう乗り方をしていくのかは分かりませんが、4歳のラスカルスズカ産駒。今後が非常に楽しみな一頭です。

3着ダノンシャークはカレンブラックヒルの後ろでグランプリボスの前という位置取り。直線でスペースがなく抜け出すまでに苦労した事を考えればこの3着はよく走ったほうでしょう。
中団からの競馬で常に安定した成績を残している馬ですし、やはり力はあります。安田記念でも候補の一頭でしょう。

カレンブラックヒルは4着でしたが、先行勢の中ではやはり一枚上という印象で、斤量と展開を考えればこの結果は仕方ないといったところでしょう。
マイル戦なら展開不問で突っ走れるような強い馬ではないというだけで、安田記念でも十分に主力の一頭になってきます。
昨秋の天皇賞で初の敗戦を喫し、フェブラリーSでは大敗、ここでも敗戦という事でよくない流れには見えますが、内容は悪くありません。
安田記念では先行馬がどれくらい出てくるかと、東京の馬場の内がどうかでしょう。

あとは16着のダノンヨーヨーですが、最内をいい脚で伸びていました。完全に前が詰まってしまう致命的な不利があったのでこの着順は気にしなくていいですね。
安田記念に出られるかは分かりませんが、展開がハマればまだまだ怖い馬です。