タグ別アーカイブ: ストロングリターン

ストロングリターン引退。種牡馬へ

2012年の安田記念を制したストロングリターンの引退が決定。今後は種牡馬となるようです。
昨年のマイルCSの後休養に入り、春に安田記念を目標に調整していた中で骨折。休養中となっていましたが、結局そのまま引退となってしまいました。

2011年、12年の混戦と言われたマイル戦線での中心の1頭で、11年には京王杯SCを勝ち、安田記念2着、12年には安田記念を勝っていますが、重賞で1番人気にはなった事がないんですね。
脚元に不安があり、休養も多かった馬ですからその辺りも影響しているのかもしれませんが、大混戦だったマイル戦線の状況をよく現しているといえばそうなのかもしれません。

2012年安田記念。1番人気サダムパテックの単勝オッズが6.6倍という大混戦でした。

種牡馬としては最初から大きな人気は望めないと思いますが、サンデーも入っていませんし(ロベルト系ではそんなに珍しくありませんが)、シンボリクリスエスで安田記念を勝てるスピードを持っていたとなると期待してみたくなる部分はありますね。

ストロングリターン号が競走馬登録抹消
http://www.jra.go.jp/news/201309/090406.html

昨年の覇者ストロングリターン骨折。半年以上の休養へ

昨年の安田記念優勝馬で、京王杯SCから安田記念の予定だったストロングリターンは骨折が判明。半年以上の休養という事になってしまいました。

昨年のマイルCSでは2番人気ながら8着。とはいえタイム差は0.6差で、安田記念で2年続けて連対しているように得意の東京で今年の有力馬の一頭と目されていましたが、残念ながらここで離脱。
7歳馬なので、ここでの半年間の休養は痛いですね。

秋に復活してくれる事を期待しましょう。

2012年の安田記念優勝馬、ストロングリターン(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎、父シンボリクリスエス、母コートアウト)は、今年の始動戦を、5月11日の京王杯スプリングC(GII、東京、芝1400メートル)に定めて調教されていた(4月14日に美浦の坂路で4ハロン58秒1・馬なり)が、左第一趾節種子骨々折が判明。6カ月以上の休養を要する見込み。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130426/ope13042614290010-n1.html